DMAE化粧品のレシピ

 

DMAE化粧品と言いますと、コスパの良さと自分の肌質に合わせた”手作り化粧品”が作成可能なので、密かに話題になっております。

 

そんなDMAEの化粧品ですが、果たしてどのようなレシピがあるのか?
そしてコスパは良いのか?悪いのか?

 

口コミなども合わせて、手作りで簡単に作れる方法からDMAEによる化粧品についてご紹介します!

 

1分で手作りできる?簡単なレシピなの?

 

早速DMAEの化粧品の手順を見ていきますが、かなり簡単なレシピになっています。
ただ、簡単ではありますが1分ではできません。

 

おおよそ15分程度の時間を費やしますが、下記でDMAEを加えた化粧品の手作りレシピと作り方をいくつかご紹介していきたいと思います。

 

DMAE公式サイトが推奨するレシピと注意点

 

まずはDMAE公式サイトが推奨しているレシピになります。

 

公式サイトでは「基本的にこのレシピをご利用ください」と表記の上で「アレンジはお客様の責任においてのみお願いいたします」とも記載されています。

 

つまり、間違ったレシピで化粧品を作り悪化させる事態になる恐れがあるため、この記事でご紹介するレシピ通りの分量を守ってください。

 

よくある話として、分量よりも多く成分を入れていた、というケースです。
これによって濃度が高くなり、肌荒れの原因になる恐れが十分にあるのでご注意ください。

 

DMAE公式サイトの化粧品(リフトアップ・クリーム)レシピ〜準備〜

 

まずは下記の材料を集めましょう。

  • アルガンオイル・精製・オーガニック:7.5ml(小さじ×1+小さじ1/2×1)
  • 乳化ワックス・植物性・加熱タイプ・オーガニック:2g(1spoon×2+1/2spoon×1)
  • 精製水:15ml(大さじ×1)
  • DMAE原末:0.2g(1/10spoon×2)
  • MSM原末:1.0g(1spoon×1)

 

そしてこれらの器具を清潔な状態にして用意しておきます。

  • 大さじ1(15ml)
  • 小さじ1(5ml)
  • 1spoon(1ml)
  • 1/2spoon(0.5ml)
  • 1/4spoon(0.25ml)
  • 1/10spoon(0.01ml)

 

念のためアルコール消毒をしておくこともおススメします。
万が一菌が付着した器具で作ると、顔に悪質な菌が付着し、傷口などから炎症をおこしたり、ニキビを悪化させたりする可能性もあるのでご注意ください。

 

DMAE公式サイトの化粧品(リフトアップ・クリーム)レシピ〜作り方〜

 

1.まずは【アルガンオイル・精製・オーガニック】と【乳化ワックス・植物性・加熱タイプ・オーガニック】をビーカーなどの耐熱容器に入れましょう。

 

そして2つとも電子レンジで約80℃に達するまで加熱します。
因みにこの作業を”油系原料”と言います。

 

2.今度は精製水を容器など(耐熱容器)に入れて、電子レンジで約80℃になるまで加熱します。

 

さっきは油でしたがこちらは”水系原料”と言います。
ポイントとして水分が蒸発しない程度まで加熱しましょう。

 

3.上記80℃に加熱した2つのうち、水系原料の容器の中に油系原料をちょっとずつ足していきます。

 

このよきに泡だて器で10分間混ぜ続けます。
因みに温度が下がると乳化できないので注意してください。

 

4.1〜3の準備が終わったら、そこに【DMAE原末】と【MSM原末】混ぜ合わせて再度かき混ぜていきます。

 

今度はまんべんなく粉末が混ざる程度でいいです。

 

5.最後に粗熱をとるためにしばらく放置しましょう。

 

冷めたらあなただけの化粧品が完成です。

 

今までの化粧品は購入してすぐに使うことができましたが、DMAEの化粧品は自分で作らないといけないので手間に思うかもしれません。
ですが、レシピ通りに作成すれば低コストでよりいいものが作れるのは間違いないので是非試してみてください!

 

筆者がおススメする化粧水レシピ☆彡

 

公式サイトのレシピに続いて、私がおススメするDMAE化粧品のレシピをご紹介します。

 

筆者がおススメする化粧水レシピ〜準備〜

 

  • ラベンダーの芳香蒸留水(精製水でも可) :50ml
  • DMAE原末:0.2g(1/2spoomおよそ1杯)
  • MSM原末:1g(1spoomちょっと多めに1杯)
  • トレハロース:1g(1spoomちょっと多めに1杯。グリセリン同量でも可)
  • 器具

 

筆者がおススメする化粧水レシピ〜作り方〜

こちらの化粧水の作り方ですが、先ほどのクリームとは違って、合わせてかき混ぜる=振るだけで完成します。

 

つまり、上記の材料をすべてシェイカーや容器に入れてフリフリするだけ!
そして1分ほどすると化粧水が出来上がります。

 

1回でたった175円の化粧水レシピ☆彡

 

最後にご紹介するのは、1回でたった175円で使える化粧水のレシピになります。
一般的な化粧水はピンキリなので安いものだと500円程度で購入できますが、良いものだと1つ1万円はサラっと超えちゃいます。

 

今回のレシピは質もいいし価格も良い、まさにコスパ最高化粧水なのです!

 

1回でたった175円の化粧水レシピ〜準備〜

 

  • 精製水:500ml入り65円を25ml使用:約3円
  • 雪の結晶日本酒:900ml入り680円を25ml使用:約20円
  • 雪の結晶MSM:20g入り400円を2g未満使用:約40円
  • 雪の結晶DMAE:10g入り600円を約0.2g使用:約12円
  • 雪の結晶ヒアルロン酸Na1%溶液:30g入り1500円を約2g使用:約100円
  • 器具

この計算では1ヶ月で700円と超コスパがいいですよ!

 

 

1回でたった175円の化粧水レシピ〜作り方〜

 

こちらも先ほどご紹介した化粧品の作り方と同じで、材料を合わせて混ぜるだけ。

 

基本的に量産して置いておくのではなく、その場その場で作成し使用する方が良いと言われています。

 

高級なものと手作り化粧品だと差はあるの?

 

誰しも疑問に思うことがあります。
それは「高級な化粧品と手作り化粧品には差はあるの?」ということ。

 

高い化粧水と比較された方もいますが、正直変わりません…笑
なので是非レシピをもとに作った化粧品を継続して使ってみてください。

 

DMAE化粧品を使用するとどんな効果がある?

 

ここが一番肝心なお話です。
今までのレシピで作ったDMAE化粧品はどんな効果があるのでしょうか?

 

口コミを見てみると…

  • 水とDMAEとMSMでお肌にハリが戻ってきた!
  • クリームが使いやすい
  • ほうれい線が収まった
  • レシピが間違っていたのか、肌荒れがすごい
  • 保湿成分がぎっしり入っている
  • 価格が安すぎで驚き

基本的には良い口コミが多い印象でした。

 

また、私も思いましたが価格の割に効果が高いため、もしあなたが今後も美を維持し続けるのであれば”必須”と言っても過言ではないカテゴリーですね。

 

悪い口コミとして「肌に合わない」というものが見受けられましたが、分量の違いもあるので、もし肌荒れしたからと言って焦らずに見直すことも大切だと感じます。

 

DMAE化粧品の手作りレシピのまとめ

DMAE化粧品って奥が深いですね。

 

自分で作成できる化粧品だからできる価格の安さには筆者が一番驚いたポイントです。
また、レシピによって好きな香りも自分で選べます。

 

ただ、分量だけは絶対に間違わないようにだけご注意ください。

 

(出典:モイストリフトプリュスセラムの悪い口コミから失敗を防ぐブログ!
(出典:ヘルシーエイジング研究者【Dr.ニコラス・ペリコン】公式サイト